アバター

 おそまきながら「アバター」を見てきた。
当地の上映館は3D版ではなく通常版であったが十分楽しめました。
ストーリーは昔の西部劇みたいなものだが、色遣いはきれいだしワクワク感いっぱいで、SFファンタジー好きにはたまりません。
見終わった感想は、通常版でもこんなにきれいなので3Dならどんなにすばらしいだろうね、でした。
ところが、知り合いは札幌の3D上映館まで行って見てきたらしいが、3Dメガネのせいか全体に映像が暗くて良くなかったといっていた。
もっとも、「アバター」の3D方式に対応した映画館は国内に数館しかないらしいし、改修には数千万かかるとあっては館側も悩むところである。
映画離れを防いだり、テレビ・DVDとの差別化をはかるために映画館の3D化は必須になるとされているが、映画制作や上映館の改修に多額の費用がかかり、そのために鑑賞料金が高くなっては本末転倒になってしまう。
質の高い作品をそこそこの料金で楽しみたいものである。
でも、「アバター」はきれいな3Dで見たかった。少々高くても。

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

bijin tokei

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM